水で洗ってからお使いください。はじめに白米やおかゆを炊くと、「目止め」となり、汚れがつきにくくなります。


●使用後はよく乾燥
使い終わったら洗剤で洗い、よく乾燥させてください。乾燥が不十分な場合、土鍋の温度が上がりにくく、うまく炊けないことがあります。
また、鍋の土に吸収されていた水分が焦げて出てくることがあります。

●汚れたり焦げ付いた場合
・汚れや焦げが取れない時は、鍋の8分目まで水を入れ、重曹を大さじ1杯入れて沸騰させます。冷めてからスポンジで洗って下さい。しつこい焦げは、ペットボトルの蓋を使うと鍋に傷がつかず、取りやすいです。

火を炊いている間や直後は、鍋・ふたが非常に熱くなりますので直接触れないで下さい。

鍋は陶器製ですので、ぶつけたり落としたりすると割れる可能性があります。
鍋をテーブル等の上に直接置くと、テーブルが傷ついたり、変形することがあるので、鍋敷き等をご利用下さい。
ふたの穴等から多少吹きこぼれが生じることがありますので、お気をつけ下さい。
鍋を天ぷら・フライ等の揚げ物調理にご使用にならないで下さい。

鍋はIHコンロでは使用できません。

  ※原材料に鉛、カドミウムは使用しておりません。(食品衛生法基準適合)